【施術改善例】寝ると痛い左殿部は梨状筋症候群の影響です

施術例

女性 40代 会社員

来院

2015年12月

症状

左殿部の痛み

肩こり

 

 

1週間前ぐらいから左殿部の痛みを感じるようになり、寝る時に上を向いて寝ることができなくなってきた。日常動作でも椅子から立ち上がる時に痛みを感じる。また、時々左のふくらはぎ外側にしびれを感じるようになるときがある。

 

シップをしていたらそのうち治るだろうって思っていたがなかなか良くならないのでインターネットで検索して来院に至った。

施術内容と経過

初回施術

検査

上半身 左回旋

 

下半身 右回旋

 

右短下肢

 

SLR、FNS(―)

椎間板ヘルニアの疑いはなし

 

梨状筋症候群の疑いだと予測して施術を開始する

施術

骨盤調整

梨状筋弛緩

短下肢調整

大腰筋弛緩

頚椎調整

2回目施術  3日後

好転反応なし

 

ペインスケール

PS 10⇒ 5

 

夜に寝るのが楽になった

 

2歳6ヶ月の子供がいるので、いつも同じ方向を向いて寝るクセがある

初回施術後、しやすくなった

3回目施術 2回目から1週間後

ペインスケール

10⇒ 2

 

ほとんど痛みがなくなった

 

もともと左中指ばね指があるので、ばね指もみてほしいという希望だったので、施術開始

 

検査すると軽度のばね指

7回目施術

左殿部はメンテナンス

 

左中指も少し改善、日常生活に支障がなくなってきた

使用した手技 もしくはポイントとなる部位

骨盤調整

梨状筋弛緩

短下肢調整

大腰筋弛緩

頚椎調整

考察

左殿部の痛みは梨状筋症候群でした。殿部に痛みが起こるケースのほとんどに梨状筋が関与しています。骨盤の歪みから梨状筋が硬くなっていたり、引き伸ばされてストレスを受けていたりすると、坐骨神経に影響を出して痛みを作ります。また、坐骨神経の走行に沿ってふくらはぎや足背にしびれや痛みを作ることがあります。梨状筋の影響を解消するとそれらも解決に導くことができるのです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

あなたが通う最後の整骨院 からだリカバリーラボ

住所
〒577-0802
大阪府東大阪市小阪本町1丁目6−7
交通
近鉄奈良線 河内小阪駅より徒歩2分
TEL
06-4307-4978

定休日:日曜日・祝日・土曜日の午後

受付時間 日・祝
8:30〜12:00 ×
15:30〜19:30 × ×

LINE友だち追加

〒577-0802大阪府東大阪市小阪本町1丁目6−7

詳しい道順を見る