【症状改善例】 3、4軒治療院に行っても良くならなかった 足裏の痛み・足首の痺れが整体によって改善

施術例

50代 男性

来院

2016年 9月

症状

ヘルニア

両足足底の痛み

右足首外側の痺れ

 

 

フライス加工の仕事をされている方で、1日中立ち仕事

が続くので、両足足底が痛くなり仕事終わりには

右足首の外側が痺れてくる。

 

 

1年前ぐらいから痛みと痺れが起こりはじめ、立ち仕事

をしているのが辛くなり、整形外科で

腰椎5番目のヘルニアがあると診断。

 

 

整形外科での治療は痛み止めの薬リリカの処方と

電気治療、腰の牽引とされたのですが、改善せず。

 

 

次に整骨院で背骨・骨盤矯正の施術を受けるも

足底の痛み、右足首の痺れは改善されなかった。

 

 

整体院にも通い内臓整体を受けましたが、

そこでも症状の改善はできず。

 

 

このまま歩けないぐらいの、痛みになるのではないかと不安になり、最後に当院に来院されました。

施術内容と経過

初回施術

検査

左下肢 外旋肢

腹臥位 脚長差あり 右足短い

O脚で骨盤後傾

 

 

長時間の立ち仕事からくる、足底の筋肉疲労

腰椎5番のヘルニア原因だと疑う。

施術

仙腸関節調整 AKA

神経筋連鎖法

腰椎5番 仙骨調整

 

座り方 寝方指導

 

施術後の変化なし

2回目施術 初回から2日目

足底の痛みが減少。

右足外側の痺れは変化なし。

 

 

施術は初回と同じ。

5回目施術 初回から2週間後

足底の痛みが仕事をしていても、気にならない

日が増えてきた。

 

右足首の甲側に痺れはあり

 

 

施術は足底筋肉の弛緩をプラスして行う

10回目の施術 初回から1ヶ月後

両足底の痛み P.S10 ➡ P.S4

右足首の痺れ P.S10 ➡ P.S4

 

 

仕事中痛みがある時は、座って休憩を取りながら

していたのが、長時間立って仕事が続けられたと

報告を受ける。

 

 

施術は腓骨調整と足関節調整を追加

16回目施術 初回から2ヶ月後

足底の痛みは改善。

右足首の痺れは少し残る。

 

 

仕事には殆ど支障がない程度まで改善されました。

使用した手技 ポイントなる部位

仙腸関節調整 AKA

神経筋連鎖法

腰椎5番 仙骨調整

腓骨 足関節 調整

 

 

足底の痛み、右足首外側の痺れでしたので

神経範囲である腰椎5番、仙骨調整が改善の

ポイントとなった。

考察

フライス加工で立ち仕事をしている方でしたので、立ち

姿勢が悪く足底に凄く負担を掛けてしまっていた。

 

 

骨盤が後傾していて、腰椎の弯曲が無くなり

腰椎5番にヘルニアを発症させている。

 

 

腰椎5番・仙骨の神経範囲でもある足底の痛み、下腿

外側の痺れで、仙骨から腰椎の調整、腰椎弯曲を調整し

痛みと痺れの改善に繋がった。

 

 

立ち姿勢の悪い習慣でO脚になっていたのもあり、

足底の外側に負担を掛けている。

 

 

立ち姿勢のクセも改善させる為に、寝る時にベルトを

足に巻いて、閉じて寝ることを指導。

足を閉じて寝ることで、仙骨の位置を正しさせることが

再発防止にもなりました。

 

 

病院や整骨院など行ってきたが

改善しなかった理由として痛みの出ている部分に

フォーカスしていたのではないかと推測する。

 

 

当院でも原因を予測して施術を行えば

痛みの軽減につながります。

 

 

しかし、予測が外れてしまい施術をしても

いい結果が得られないことがあります。

 

 

いかに症状の原因をどこにあるかを

突き止めて施術を行なうかでいい結果を

作れるのです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

あなたが通う最後の整骨院 からだリカバリーラボ

住所
〒577-0802
大阪府東大阪市小阪本町1丁目6−7
交通
近鉄奈良線 河内小阪駅より徒歩2分
TEL
06-4307-4978

定休日:日曜日・祝日・土曜日の午後

受付時間 日・祝
8:30〜12:00 ×
15:30〜19:30 × ×

LINE友だち追加

〒577-0802大阪府東大阪市小阪本町1丁目6−7

詳しい道順を見る