【症状改善例】 朝の洗顔時に、痛かった腰が痛み無く出来るように なりました。

施術例

60代 女性 主婦

来院

2016年 5月

症状

腰痛

肩・首の凝り

 

 

来院される3ヶ月前から、腰に違和感があり

日が経つ事に、だんだんと腰の痛みに変わってきた。

 

 

朝起きの顔を洗う時が一番痛くて、体を真っ直ぐ

倒すことができず、体を左に捻らないと顔を洗えなく

なっている。

 

 

座っていて立ち上がる時も痛みがあり、ギックリ腰に

なってしまうのでは無いかと、不安を抱いていた。

 

 

3年前に一度ギックリ腰を経験しているので痛みの

辛さを知っているのと、このままの腰で歳をとっていく

のが不安と言うことで来院。

施術内容と経過

初回施術

検査

立位前屈 腰痛みあり

上半身回旋 左回旋強

上半身側屈 左側屈強

右下肢の外旋肢

 

 

背中が猫背になっており、座り姿勢も右側に

傾いている。

 

 

姿勢の悪さからくる骨盤の歪みだと疑う。

施術

仙腸関節調整 AKA

大腰筋弛緩

 

 

施術後、立位前屈での腰の痛みは軽減。

 

日常生活動作の中で洗顔時、椅子から立ち上がる

時は体を左に捻りながら動くように指導。

2回目施術 初回から2日後

初回施術後から腰の痛みが軽減。

 

施術は股関節外転外旋ストレッチを追加

5回目施術 初回から2週間後

洗顔時の腰の痛み P.S10 ➡ P.S4までに

変化。

10回目施術 初回施術から2ヶ月後

洗顔時の腰の痛みは改善。

腰の重たい感じは少しあり。

 

 

『施術は痛くないし、逆に何か物足り

なくて、こんな施術で痛みが取れるのか

心配やったけど1回の施術で効果が実感できた』

と報告を受ける。

使用した手技 ポイントとなる部位

仙腸関節調整 AKA

大腰筋弛緩

股関節外転外旋ストレッチ

 

 

骨盤の後傾が強く出ていたので、仙腸関節の調整

大腰筋の弛緩が改善のポイントとなった。

考察

初回の検査で座り姿勢、立ち姿勢を検査すると

体が大きく左に捻じれているのが目立っていた。

 

 

日常生活での悪い姿勢が重なって、左背中の脊柱起立筋

が右に比べると盛り上がり、筋緊張が強く出ている。

 

 

体を左に捻らせている原因の骨盤、仙腸関節の調整。

腹部の大腰筋も関係しているので、弛緩させることで

体の捻れが改善できた。

 

 

腰の痛みが出ている初期段階では負担のかかる

体の動かし方で再発の恐れあり。

腰に負担が掛からない動作で動いてもらう事が重要。

 

 

腰に負担のかからない動作とは

洗顔時と椅子から立ち上がる際に、上半身を左に捻って

左に捻ったままの状態で立ち上がるように指導

 

 

整体で良くなったとしても、日常の動き方を指導して

おかないと症状の改善につながらないので

徹底して指導をした。

 

 

体を捻って立ち上がる動作は一見悪くおもうように感じますが

症状のレベルが高い時は有効な手段です。

 

 

すべての腰痛が左ではなく、問診での検査によって

判断するので参考までにしてください。

 

 

当院では施術前に検査を行い、腰痛の原因を見極め

痛みが出るケースによって、施術方法を変えていくことで

早期腰痛改善が出来ているのです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

あなたが通う最後の整骨院 からだリカバリーラボ

住所
〒577-0802
大阪府東大阪市小阪本町1丁目6−7
交通
近鉄奈良線 河内小阪駅より徒歩2分
TEL
06-4307-4978

定休日:日曜日・祝日・土曜日の午後

受付時間 日・祝
8:30〜12:00 ×
15:30〜19:30 × ×

LINE友だち追加

〒577-0802大阪府東大阪市小阪本町1丁目6−7

詳しい道順を見る