【施術改善例】 服を着るときに急に肩が痛くなった原因は 腕と骨盤周りの筋肉が関与

施術例

40代女性 会社員

来院

2015年 10月

症状

1ヶ月程前、会社の制服に袖を通した際、

右肩に“ピキッ!”と、まるで針で

刺されたような痛みが走った。

 

 

毎回ではないが、角度によっては痛みがあり、

気をつけて動かしていた。

 

 

しかし、日が経つにつれて痛みが強くなり、

ある日、下の物を取ろうとして手をのばした時に

“ビキーーーッ!”と激痛が!

 

 

しばらく右肩を押さえてうずくまり、

痛みがある程度収まるまで耐えないと

いけない状態になることもあった。

 

 

その他に、夜、寝ている時に寝返りで

肩に痛みが走り、目が覚めることが

続いたため来院。

検査

三角筋中部の圧痛著明

 

自動運動での屈曲 110°他動運動で130°

外転 70°      80°

 

肩関節の内旋、円背あり。

 

他動運動で可動域の変化があり、

デスクワークで慢性的な

肩コリもあるとのことで上腕部、

前腕部の筋拘縮を疑う。

 

 

(図1)

施術内容と経過

初回施術

母指球筋 弛緩

腕撓骨筋 弛緩

僧坊筋 弛緩

三角筋 弛緩

肩甲骨 調整

 

 

施術後 痛みはあるが動きは良くなる

腕が上がりやすくなった

2回目施術 初回の2日後

好転反応なし

 

痛みはあるが肩の動きが良くなっているのと、

肩コリがマシになっていた。

 

初回施術に大胸筋、大腰筋の弛緩をプラス。

3回目施術 2回目の2日後

さらに動きが良くなり、痛みも軽減している。

 

仙腸関節 調整

臀筋群 弛緩

4回目施術 3回目の3日後

施術前に、以前のような針で刺されるような痛みは

もう無いとのこと。

 

 

 

8回目終了時、

肩関節の動き  自動運動で屈曲160° 外転150°

他動運動で    180°   160°

 

日常生活で不自由がないということで

施術を終了

使用した手技 ポイント部位

母指球筋 弛緩

腕撓骨筋 弛緩

僧帽筋 弛緩

三角筋 弛緩

臀筋群 弛緩

大胸筋 弛緩

大腰筋 弛緩

仙腸関節調整

肩甲骨調整

考察

服の脱ぎ着で右肩が痛くなった原因として、

手の筋肉、前腕部の筋肉の拘縮が影響。

 

 

円背もあり大胸筋、大腰筋を調整することで

可動域が変わった。

 

 

さらに、骨盤のゆがみを調整、

土台から整えることで肩の動きが

良くなり痛みの軽減に繋がった。

 

 

肩の症状とは言っても肩だけが

問題になっているのではない

 

 

肩を挙上(屈曲動作)

前ならえの動作から更に上に上げること

 

 

には棘上筋、三角筋 僧帽筋

前鋸筋、そして腰の脊柱起立筋が

関係しているからだ

 

 

肩の部分だけにフォーカスするのでなく

身体全体を通してみると

症状の改善がみられるのです。

 

 

痛みを我慢してばかりいると

症状がひどくなり、

施術によっても治る時間が

かかりますので、

我慢せずに早めの

来院をおすすめします。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

あなたが通う最後の整骨院 からだリカバリーラボ

住所
〒577-0802
大阪府東大阪市小阪本町1丁目6−7
交通
近鉄奈良線 河内小阪駅より徒歩2分
TEL
06-4307-4978

定休日:日曜日・祝日・土曜日の午後

受付時間 日・祝
8:30〜12:00 ×
15:30〜19:30 × ×

LINE友だち追加

〒577-0802大阪府東大阪市小阪本町1丁目6−7

詳しい道順を見る