【施術改善例】歩くと痛い膝の痛みが整体によって改善した例

施術例

60代男性   自営業

来院

2015年11月

症状

左膝の痛み、うずき

 

2年前に出張先で正座をした時に左膝に痛みがあった。

 

その後から我慢できないわけではないが、歩くときも

左膝に痛み、違和感を感じるようになる。

 

例年、冬場は趣味のスキーを楽しんで恒例行事にしている。

しかし、スキーに行くとさらに膝の状態は悪化していった。

 

だましだまししていたが、寝ているときも痛みで目が覚めたり、

何もしなくても痛みで悩まされている

施術内容と経過

検査

半月板と靭帯損傷の検査

マクマレーテスト(-)

引出しテスト(-)

外反 内反テスト(―)

 

骨盤のゆがみ著明

左長下肢 外旋肢

患部の圧痛著明

動作痛あり

初回

AKA 仙腸関節調整

大殿筋 梨状筋 大腿方形筋弛緩

大腿四頭筋 内転筋群弛緩

膝関節調整

 

術後、膝関節の可動域に変化あり

2回目 初回から2日後

好転なし

膝関節全体に痛みはあるが、

動きが楽になっている。

 

初回と同様の施術

5回目 初回から2週間後

だんだんと楽になっていて、

痛みの範囲が小さくなっている。

10回目 初回から1ヶ月後

かかとをつけると膝全体に

痛みがあったがそれも大丈夫。

16回目 初回から2ヶ月後

膝の痛みは改善

日常生活には問題なし

再びスキーにも挑戦するということ

20回目 初回から3ヶ月後

スキー後、違和感があったが

整体後はほぼ改善。

 

 

日常生活はもちろん、趣味も楽しむために

現在もメンテナンスで来院されています。

使用した手技とポイントとなる部位

仙腸関節調整 AKA

神経筋連鎖法

特殊筋連鎖法

膝関節調整

腰椎仙骨調整

考察

普段の姿勢やお仕事での作業体勢、中腰をせざるを得ない

状態によって骨盤がゆがみます。

 

骨盤がゆがむと股関節や膝関節足関節にも負担がかかります。

骨盤のアライメントが崩れた状態で正座をした後に痛みが出てきた。

 

骨盤のゆがみを整えてアライメントを整える。

周りの筋肉を緩めていくことでバランスを取り直すことができた。

 

体がゆがんだままの状態が正常だと認識していたので、

整体を繰り返すことで骨格のゆがみがない状態が正常だと

再認識することが出来た。

 

長年のクセや姿勢の蓄積が結果として体のゆがみを作ってしまってした。

 

「症状が改善したから良かった」で終わりではなく、車の点検と同じように、体も緩んだネジを締め直すメンテナンスをしていくのが大事です。

 

自分の気づかないところで体は変化しているので、定期的にメンテナンスしていると安心ですね。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

あなたが通う最後の整骨院 からだリカバリーラボ

住所
〒577-0802
大阪府東大阪市小阪本町1丁目6−7
交通
近鉄奈良線 河内小阪駅より徒歩2分
TEL
06-4307-4978

定休日:日曜日・祝日・土曜日の午後

受付時間 日・祝
8:30〜12:00 ×
15:30〜19:30 × ×

LINE友だち追加

〒577-0802大阪府東大阪市小阪本町1丁目6−7

詳しい道順を見る