腸脛靭帯炎・ランナー膝(膝外側の痛み)

ランナー膝(膝外側の痛み)でお悩みはありませんか?

  • 一ヶ月安静にして、接骨院で電気やマッサージをしてもらったのに痛みが全然取れない
  • 日常生活でも膝の外側が痛む時もある
  • 五分間走っただけで膝が痛くなるようになった
  • 病院からは休んでれば良くなると言われたが変わらない
  • 普段、痛みは無いが、走っているとまた徐々に痛くなってくる

ランナー膝(膝外側の痛み)の原因を見極め悩みから解放します

腸脛靭帯炎(ちょうけいじんたいえん)・ランナー膝(ランナーズニー)とは

腸脛靭帯炎・ランナー膝(ランナーズニー)とは

ランナー膝(ランナーズニー)はランニングによる膝関節周囲のスポーツ障害の総称です。

ランナー膝の中でも特に膝外側に多く発生する症状として腸脛靭帯炎があります。

膝の屈伸運動を繰り返すことによって腸脛靭帯が大腿骨外側上顆にこすれて炎症(滑膜炎)を起こし発生します。

初期の段階ではランニング後に痛み、休むと消失します。

続けているとランニング中も痛みが生じ、休んでも痛みが取れないことになります。

腸脛靭帯炎・ランナー膝になりやすい人

  • マラソンや競技自転車などで膝の屈伸運動が多い方
  • O脚で走る運動をしている方
  • 靴の外側が減りやすく、足の外側に体重をかけるクセのある方
  • 運動量を急に増やした方

腸脛靭帯(ちょうけいじんたい)の構造

骨盤の腸骨稜(ちょうこつりょう)から脛骨(けいこつ)の外側顆(がいそくか)に付着します。

骨盤の前方から大腿筋膜張筋(だいたいきんまくちょうきん)と後方から大殿筋(だいでんきん)が腸脛靭帯に一部接合し、股関節や膝関節の可動と関節の保持に役立っています。

 

腸脛靭帯は自ら伸び縮みするのではなく、硬い伸び縮みしないゴムのような構造なのです。

 

骨盤の歪みにより大腿筋膜張筋と大殿筋の緊張が高くなり腸脛靭帯が強く引っ張られ、ランニングなどの股関節・膝関節の運動をすることにより大腿骨外側上顆(だいたいこつがいそくじょうか)と腸脛靭帯が擦(こす)れて炎症が起こるのです。

腸脛靭帯炎 ランナーズニー 腸脛靭帯の構造

腸脛靭帯炎・ランナー膝の症状 3段階

第1段階

ランニングの走りはじめに痛みが現れます。

痛みよりも違和感程度ですのでランニングを続けることができ、ランニングを続けていると違和感が消失します

ランニングしていると筋肉が緩むことによって違和感が消失するのです。

第2段階

ランニングをしていると膝外側に痛みを感じます。

ランニング速度を上げた時、山道などの強度を上げたランニングをした時、距離を伸ばした時をきっかけに悪化します。

ランニング中に走行ができないぐらいになり、休んだ後も距離を伸ばしたランニングができないようになります。

第3段階

ランニング中だけでなく、歩行時にも腸脛靭帯に痛みを生じるようになります。

歩行時に痛みを感じるようになると跛行(はこう・引きずり歩行)になります。膝の屈伸運動だけでも痛みます。

腸脛靭帯炎 ランナーズニー

なぜ、あなたの良くならなかった”腸脛靭帯炎・ランナー膝”は今まで改善しなかったのか?

膝関節の周りばかり対処的なことしかおこなっていないからです。

何をしても良くならなかった”腸脛靭帯炎”を抱えている方は

  1.  整形外科(病院)へいく
  2.  湿布を貼る・セルフストレッチをする

などの行動をされる事が多いと思います。

 

整形外科では対処的(局所)の処置をするになることが一般的に多いです。

わかりやすく整形外科での処置をご紹介したいと思います。

整形外科の場合

レントゲンもしくはMRIを撮ることになります。

骨や軟骨、靭帯などに異常がないかを調べます。

 

異常があった場合

  1. 電気、マッサージなどのリハビリ
  2. シップ、痛み止めやしびれの薬、注射をします

などの処置が行われます。

 

異常のない場合

  1. 電気、マッサージなどのリハビリ
  2. シップや痛み止め

「レントゲンでは異常がないので安静にして様子みて下さい。また痛かったら来てください」

と言われて何も処置しないこともあります。

 

湿布を貼るなら自分でもできるし、安静にするのもいつまでしていたらいいのかわからなくなりますよね。

改善しない”腸脛靭帯炎・ランナー膝”の2つの原因

処置をしても”変化のない腸脛靭帯炎・ランナー膝”には2つの事が考えられます。

  1. 一時的に血行が良くなるがすぐに戻ってしまう
  2. 他の所に原因がある

一時的に血行がよくなるがすぐに戻ってしまい、症状が再発する場合は戻る原因を取り除けば解消します。

ほぐしの時間をかけるのか、回数を増やすことで解消することになるでしょう。

 

他の所に原因が問題があるとは

”腸脛靭帯炎”は膝以外に体全体のバランス調整することや内臓疲労を調整する施術が必要になるケースがあるのです。

他の所に原因がある場合に2つの事が考えられる

  1. 体全体のバランスに問題がある場合
  2. 内臓疲労が関係している場合

になります。

 

腸脛靭帯炎 膝外側の痛み

なぜ、当院の整体は”腸脛靭帯炎・ランナー膝”に対応できるのか?

筋肉を緩めたり、力が入るようにでき、関節の負担をなくし、当院独自の内臓調整整体があるからです。

 

当院には

  • 身体のバランスを見る体幹軸検査法
  • 腸脛靭帯炎・ランナー膝に対応できる5種類のオリジナル整体法
  • 機能アップ内臓調整整体

があります。

 

症状の本当の原因を見つけ出し、身体の機能向上を調整することで、痛みに悩まされている状態を改善させる事ができるのです。

 

・膝を気にしなくてもいい

・ランニングが楽しめる

・ハードトレーニングができる

 

不安に悩まされるのではなく、明るい未来を私たちと一緒に作り上げていきましょう。

6月29日までに

\予約の方限り/

整体&骨盤矯正コース

初回2,500円(税抜)

(通常初回 1回5500円)

予約多数のため先着10名様のみ

→あと3名

①時間をかけたカウンセリング・検査で原因を徹底的に特定

しっかりと時間をかけてお話を聞き、当院独自の検査で痛みの本当の原因を特定します。

ご不明な点はわかりやすくお伝えします。

②痛みのないソフトな整体

バキバキやボキボキする矯正をするのではなく、ソフトな整体で小さなお子さんからご年配の方でも受けていただけます。

③症状やお身体に合わせたオーダーメイドの施術

あなたの症状に合わせたオーダーメイドの施術を行い根本改善へ向かうようにします。

④再発予防も万全!充実のアフターフォロー

施術効果アップのために姿勢・運動・食事・睡眠等の指導をして、再発防止に努めます。

⑤衛生管理もバッチリ!安心してご利用頂けます。

清潔な環境で施術を受けていただくために日々清掃・洗濯を行っています。

⑥駅近・駐車場あり・土曜日も営業・予約優先制だから通いやすい

駅からも徒歩2分、専用駐車場あり、予約優先制で待ち時間なしの通いやすい環境を提供しています。

いくつかの整骨院に行ったけど良くならなくてこちらで改善しました。  膝痛

お客様写真

右膝の内側が痛くて来院しました。

走ったりすると痛くて困っていました。

他の整骨院にも行ったりしていたんですけどなかなか良くならなかったです。

からだリカバリーラボさんで施術を受けてほとんど痛みが取れてきました。

ありがとうございました。

F・D様 30代 会社員 東大阪市 小阪本町  

※お客様の感想であり、効果効能を保証するものではありません。

他の整骨院に比べて施術が痛くない! 腰痛・股関節・膝関節

お客様写真

腰と膝と股関節の調子が悪くて来ました。

初めの痛みは取れていて、今は体のメンテナンス的に来院しています。

他の整骨院と比べて施術が痛くないですね。

 

K・K様 40代 会社員 

※お客様の感想であり、効果効能を保証するものではありません。

講座実績・ラジオ出演

健康についての講座も開催しています。

全国の同業者への講座も開催しています。

ラジオ出演!

6月29日までに

\予約の方限り/

整体&骨盤矯正コース

初回2,500円(税抜)

(通常初回 1回5500円)

予約多数のため先着10名様のみ

→あと3名

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

あなたが通う最後の整骨院 からだリカバリーラボ

住所
〒577-0802
大阪府東大阪市小阪本町1丁目6−7
交通
近鉄奈良線 河内小阪駅より南へ徒歩2分
TEL
06-4307-4978

定休日:日曜日・祝日・土曜日の午後

受付時間 日・祝
8:30〜12:00 ×
15:30〜19:30 × ×

LINE友だち追加

〒577-0802大阪府東大阪市小阪本町1丁目6−7

詳しい道順を見る