【症状改善例】 薬で抑えていたヘルニアからくる、足の痺れが整体によって改善された。

施術例

30代 男性

来院

2016年 5月

症状

腰椎椎間板ヘルニア

右下肢のシビレ

 

 

1年前から腰の痛み、右の殿部から足にかけて痺れが出ていて整形外科で「腰椎椎間板ヘルニア」

と診断された。

 

 

ヘルニアの箇所が1つでは無く右に4箇所もあり。

 

 

整形外科では痛み止めの薬として

「リリカ」を処方され

1日に3回3錠飲んで痛みを押さえていた。

 

 

リリカを飲むことで痛みは押さえられてはいる

 

 

しかし、薬を飲まないと痛みが出てきてしまう怖さで薬を手放せない。

 

 

薬を飲んでいても右足に力が入らない、

夜になるとふくらはぎの外側に痺れが出てくる。

 

 

日常生活は薬を飲んでいれば動けるが、

お祭りで太鼓台を担ぎたいと言う想いがあり

来院されました。

施術内容と経過

施術内容と経過

検査

上半身 左回旋 強

上半身 左側屈 強

左下肢 外旋肢

 

SLRテスト 右足 (+)

 

仰臥位 股関節屈曲で腰の回旋 痛みあり

 

 

骨盤の歪み、ハムストリングスの硬さと梨状筋

の短縮が原因だと疑う。

施術

仙腸関節調整 AKA

 

神経筋連鎖法

 

梨状筋、ハムストリングスの筋弛緩

大腰筋弛緩

 

頭蓋骨調整

 

施術後

仰臥位 股関節屈曲での腰回旋時の痛みなし。

2回目施術 3日後

施術

薬を飲んでいるため腰の痛みはなし。

右足に力が入らないのと、

右下腿外側の痺れあり。

 

 

施術は初回と同じことを繰り返しする。

5回目施術

初回施術に加えて股関節 外転外旋調整

 

 

リリカでしっかりとした

症状を把握できないため

リリカを1回3錠→1錠

に減らすように指導。

15回目施術 初回から2ヶ月目

リリカを減らしているので

少し腰の痛みがあり。

右下腿の痺れなし。

足のダルさと力が入らない。

 

 

薬を1日3回3錠飲んでいたのを、

夜に1回1錠にまで減らせるようになった

20回目施術 初回から4ヶ月目

腰の痛み、下腿の痺れなし。

薬も飲まなくて大丈夫ということでした。

使用した手技 ポイントとなる部位

仙腸関節調整 AKA

 

頭蓋骨調整

 

神経筋連鎖法

 

ハムストリングス、梨状筋の筋弛緩

 

股関節 外転外旋調整

考察

腰椎椎間板ヘルニアにより4箇所ある方で

リリカを1日3回3錠服用さていました

 

 

ヘルニアに関与するハムストリングス

梨状筋、姿勢の悪さが施術改善ポイントでした。

 

 

腰椎の失われた弯曲を作ることで

ヘルニアによって神経が圧迫されていた部分が

少なくなり、下腿の痺れが軽減した。

 

 

梨状筋、ハムストリングスの筋拘縮を

弛緩させていくことで再発防止にも繋がった。

 

 

ヘルニアの部分は整体では取り除くことは出来ない。

 

しかし、骨盤、腰椎の歪みを調整することで

痛み・痺れを改善させることはできます。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

あなたが通う最後の整骨院 からだリカバリーラボ

住所
〒577-0802
大阪府東大阪市小阪本町1丁目6−7
交通
近鉄奈良線 河内小阪駅より徒歩2分
TEL
06-4307-4978

定休日:日曜日・祝日・土曜日の午後

受付時間 日・祝
8:30〜12:00 ×
15:30〜19:30 × ×

LINE友だち追加

〒577-0802大阪府東大阪市小阪本町1丁目6−7

詳しい道順を見る