【施術改善例】寝ている時の右坐骨神経痛の原因は骨盤外側の中小殿筋だった

施術例

女性 40代 医療関係

来院

2016年1月

症状

仰向けに寝ていると右殿部から下腿にかけて痛みとしびれ

 

 

 

半年前ぐらいから段々と気になるようになってきた。症状が出だした頃は寝ている時になんとなく違和感があるかなってぐらいの感覚だった。

 

日に日に寝ていると痛みに変わってきてしびれも感じるようになってきて、シップを貼って過ごしていた。座ったり立って動いていても何も感じないが、寝ていると痛みとしびれを感じる。半年もツラい状態だったので当院の事をネットで検索して来院に至った。

 

ちなみに医療関係の仕事をしているので痛みが強い時はロキソニンを飲むようにしていた。薬が効いている時は痛みを感じないが、しびれは段々強くなってきていた。

施術内容と経過

初回施術

検査

上半身 左回旋

下半身 左回旋

 

右短下肢

 

右SLR(+)

右FNS(―)

 

椎間板ヘルニアの疑いあり

施術

骨盤矯正

短下肢調整

腰椎4,5番調整

AKA

大腰筋調整

2回目施術  3日後

好転反応なし

 

ペインスケール

10⇒ 10

 

症状の変化なし

3回目施術 2回目から3日後

ペインスケール

10⇒ 10

 

症状の変化なし

 

 

施術は同じ

6回目施術 2週間後

ペインスケール

10⇒ 8

 

少し変化が出たようだがほぼ同じ

 

右股関節の内旋が強いために中小殿筋の調整をするようにした

8回目施術

ペインスケール

10⇒ 5

 

中小殿筋の調整をすることで症状の変化が出るようになった

10回目施術

ペインスケール

10⇒ 3

 

仰向けに寝ていても朝まで寝られるようになってきた

同時に施術した症状

肩こり

頭痛

使用した手技 もしくはポイントとなる部位

骨盤矯正

短下肢調整

腰椎4,5番調整

AKA

大腰筋調整

中小殿筋調整

考察

坐骨神経痛の施術としてセオリー通りの施術をしていたが全く効果がなかった。中小殿筋の調整を入れると効果がでるようになった。

 

中小殿筋の働きは股関節を外転内旋させることである。右の股関節に内旋が強く出ていた。その影響で中小殿筋が関係していたようで、中小殿筋の調整を入れることで坐骨神経痛の痛みやしびれに対しての効果を出すようになってきた。

中小殿筋は直接坐骨神経に触れているわけではないが、骨盤の歪みを作ることで坐骨神経に影響を出すことになっていたようだ。

今回のケースは施術ポイントを変えたことで結果が出たが、もう少し早めに施術視点を変えることで早期に結果を作れたのではないかと思うところである。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

あなたが通う最後の整骨院 からだリカバリーラボ

住所
〒577-0802
大阪府東大阪市小阪本町1丁目6−7
交通
近鉄奈良線 河内小阪駅より徒歩2分
TEL
06-4307-4978

定休日:日曜日・祝日・土曜日の午後

受付時間 日・祝
8:30〜12:00 ×
15:30〜19:30 × ×

LINE友だち追加

〒577-0802大阪府東大阪市小阪本町1丁目6−7

詳しい道順を見る