【施術改善例】右肩甲骨部の寝違えが2回で改善した例

施術例

女性 30代 主婦

来院

2016年10月

症状

右肩甲骨内側の寝違え

 

 

前日からの前兆はなし。起床時に違和感を生じ、起きてから3時間経ったぐらいから右肩甲骨付近の痛みと頚部の動かしにくさになってきた。首を左に向けると肩甲骨部分が痛い。完全に向けなくなるのではないが左に首を向けると痛みを感じる。

 

放っておいても3,4日で治るのではないかと思っていたが、早く良くなりたいので来院に至った。また、身体のゆがみがあるのかどうかみてほしいのもあったので寝違えを治すことと身体の歪みをみてもらうことをしてもらいたかった。

施術内容と経過

初回施術

検査

頚椎左回旋で右肩甲骨内側が痛む

頚椎右回旋は痛み生じない

 

 

上半身 右回旋 強い

下半身 右回旋

 

右短下肢

施術

胸椎多裂筋圧着

脊柱起立筋圧着

神経筋連鎖法

 

骨盤矯正(姿勢改善)

 

施術後

可動域改善

ペインスケール

10⇒ 3

2回目施術  次の日

ペインスケール

10⇒ 1

 

初回施術後、時間と共にさらに改善した

 

 

身体の歪みも改善し、2回目で施術終了

 

 

胸椎多裂筋圧着

脊柱起立筋圧着

神経筋連鎖法

 

骨盤矯正(姿勢改善)

使用した手技 もしくはポイントとなる部位

考察

寝違えの発症パターンは大きく分けて2つ。

 

①朝、起きたときには痛みが強くあり首が動かせない

 

②朝、起きた時には違和感がある、もしくは何も感じないが時間の経過と共に痛みや動かしにくさが出てくる

 

どちらも当院では寝違えと判断して施術します。施術のポイントはどこが原因なのかを見つけることが一番大事なんです。②の場合、首の痛みや首の動かしにくさになるのは朝一番になっているのではないので、「寝違え」という認識ではないことが多いです。

 

私たちが「寝違え」だと伝えると「えっ?」ってなることになります。なぜなら、「寝違え」=「朝、起きたら痛い」だと思っているからです。

 

朝、起きた時点には症状としてはなっていなくても、すでに発症しているので時間と共に痛みがつよくなってくるのです。

 

原因がしっかりと見つかり、反応が取りやすかったので2回で改善したのです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

あなたが通う最後の整骨院 からだリカバリーラボ

住所
〒577-0802
大阪府東大阪市小阪本町1丁目6−7
交通
近鉄奈良線 河内小阪駅より徒歩2分
TEL
06-4307-4978

定休日:日曜日・祝日・土曜日の午後

受付時間 日・祝
8:30〜12:00 ×
15:30〜19:30 × ×

LINE友だち追加

〒577-0802大阪府東大阪市小阪本町1丁目6−7

詳しい道順を見る