【施術改善例】変形性股関節症の痛みが軽減して手術を回避できた例

施術例

女性 70代 主婦

 

来院

2016年7月

症状

右変形性股関節症

 

3年前に右股関節が痛くなり近くの整形外科でレントゲンを撮り「変形性股関節症」と診断された。「手術しか良くなりませんよ」と言われていた。しかし、ご自身のいとこが股関節の置換術を受けて、その後あまり痛みが変わらないようだったので、自分もそうなっても嫌なのでリハビリでしのいでいた。整形外科のリハビリを受けたり、整骨院でマッサージや電気施術を受けたりしていた。痛みは取れないので、他に方法はないかなと思う所に当院の「整体」という言葉に引かれて来院された。

施術内容と経過

初回施術

検査

上半身 左回旋

 

右股関節 内外旋できない

跛行が強い(脚を引きずる歩き方)

 

右短下肢

 

大腿部の自発痛 圧痛強い

施術

骨盤矯正

殿筋・脊柱起立筋、大腰筋弛緩

短下肢調整

腰椎右3,4,5番調整

右仙腸関節調整

2回目施術  3日後

好転反応少しあり

初回施術後重だるさと眠気が強くなった

 

ペインスケール

10⇒ 7

 

少し歩きやすくなった

施術は同じ

5回目施術 2週間後

ペインスケール

10⇒ 5

 

「段々歩行しやすくなってきた」と報告を受ける

10回目施術

ペインスケール

10⇒ 2,3

 

痛みを感じていた大腿部の痛みが軽減した。

跛行はあるものの本人はあるきやすくなったと報告を受ける

使用した手技 もしくはポイントとなる部位

骨盤矯正

殿筋・脊柱起立筋、大腰筋弛緩

短下肢調整

腰椎右3,4,5番調整

右仙腸関節調整

考察

変形性股関節症の場合、変形した関節は我々の整体では戻すことはできない。

しかし、痛みの改善ができたのは、股関節に負担をかけている筋肉の動きやすさを作ったからである。

変形性股関節症が発症する過程で何年もかかって骨盤の歪みによって股関節にムダな力がかかってくるのが原因である。骨盤の歪みを改善することで完全に歪みは改善しにくいものの、負担をかけている部分を軽くすることで関節の動きが滑らかになり、痛みが軽減したのです。

 

変形性股関節症の場合はメンテナンスをしなければ維持できないことはデメリットでもある。身体が悪いクセを記憶しているために時々身体にいい状態をリセットするように施術を定期的にする必要があります。

 

痛みが改善さえすれば、定期的な施術も2週間に一度で問題なく過ごせます。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

あなたが通う最後の整骨院 からだリカバリーラボ

住所
〒577-0802
大阪府東大阪市小阪本町1丁目6−7
交通
近鉄奈良線 河内小阪駅より徒歩2分
TEL
06-4307-4978

定休日:日曜日・祝日・土曜日の午後

受付時間 日・祝
8:30〜12:00 ×
15:30〜19:30 × ×

LINE友だち追加

〒577-0802大阪府東大阪市小阪本町1丁目6−7

詳しい道順を見る