太もものシビレの原因は腰だった

こんな事でお困りはありませんか?

  • 太ももの前の部分がしびれる
  • 太ももの外側の部分がしびれる
  • 太ももの裏側がよく引きつる
  • 坐骨神経痛と言われたことがある
  • ふくらはぎの外側がしびれる

太ももを含む下肢(下半身)のシビレの原因は腰であることが多くある。

多くあるということはどういうことかというと

太ももそのものが原因ってこともありますし、

股関節が原因であることもあるということです。

 

 

腰のケースの事をお伝えします。

腰が原因って事は腰から出てくる神経、血管に

問題があります。

 

 

シビレというもの自体は神経を圧迫されるか

血管を圧迫されるかという事です。

正座をしていると膝から下がシビレて感覚もおかしくなって

力が入らなくなったことって誰でもあ経験あると思います。

 

これは神経と血管が膝を折り曲げた状態を任意的に

作られた状態で早く感じる人だったら

5分ほどでシビレが強くなってきます。

 

 

膝を伸ばして血液が流れだすとシビレが和らいで

くるわけです。直後はジンジンとした感覚と血が流れ

てくる感覚で温かく感じるようになります。

 

 

 

正座でのシビレでは冷たさ

は感じないものの血液の流れが

悪いので本当にシビレが

ある方は冷たい、冷えるということも感じる事が

多くあります。

 

 

正座の事ですが神経や血管を締めている部分は膝です。

 

正座ですが神経や血管を締めている部分は膝です。

今回のタイトルである太もものシビレの原因は腰が

原因であることが多くあります

 

 

腰で神経や血管を押さえる原因としては脊柱管狭窄症

椎間板ヘルニア・腰椎分離症・すべり症が代表的です。

 

しかし、原因がはっきりとしないということも多くあるのです。

どちらかと言うと原因がハッキリしないことの方が

多いんですよ。

 

 

レントゲンやMRIで画像診断したとしても何もわからない

事が多くあります。画像的には問題がないのに実際には

シビレているということが現実問題上たくさんのケース

あるということです。

 

 

確実に診断された事がない方も太もものシビレがでている

症例が多いのです。なので太もものシビレが出ているが

明確でない原因が多いのです。

 

 

画像診断ではでないが動きの検査や関連する

筋肉によってシビレが誘発される事はよくあることです。

 

 

特に腰椎の部分にある多裂筋や殿部にある梨状筋などは

太もものシビレや痛みが誘発される事が多くあります。

 

 

誘発されるということはその部分の筋肉の弛緩や

引っ張ったりするものをしっかりと取り除いてさえすれば

太もものシビレが改善するようになるということです。

 

 

筋肉が原因の場合はレントゲンでは写りませんし

MRIでも診断不可能なのです。

 

 

また、腰が原因であるにもかかわらず

腰痛としても症状が出ないことがあるので

しびれの部分だけをフォーカスしてしまうことになるのです。

 

 

原因を処置しないと改善しませんから

いくらシビレの部分をもんだり、電気を流しても

改善しないのです。

 

 

もし、あなたが太もものシビレや痛みの原因が腰だけど

腰に痛みがなかったとしたら腰にも負担がかかっていなかったら

腰にも負担がかかっている事を

なんとなく頭に入れておいてください。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

あなたが通う最後の整骨院 からだリカバリーラボ

住所
〒577-0802
大阪府東大阪市小阪本町1丁目6−7
交通
近鉄奈良線 河内小阪駅より徒歩2分
TEL
06-4307-4978

定休日:日曜日・祝日・土曜日の午後

受付時間 日・祝
8:30〜12:00 ×
15:30〜19:30 × ×

LINE友だち追加

〒577-0802大阪府東大阪市小阪本町1丁目6−7

詳しい道順を見る