【症状改善例】 1時間立っているのが辛かった、右足の痛み・痺れが整体で改善。

施術例

10代 女性 美容専門学生

来院

2017年 1月

症状

右下肢の痛み、痺れ

 

 

お正月頃から、足の痛みと痺れを感じており歩くのも少し足を引きずるようになっていた。

 

 

学校の授業は実技が多く、立ち姿勢が続く事が多い。

1時間も立っていられなく、痛みと痺れが出て来る。

 

 

病院に行き診察してもらったが、特に異常は無いと言うことで、痛み止めの薬ロキソニンを処方される。

もし右足に力が入らなくなったらまた来て下さいと言われて終了。

 

 

薬を処方されただけで、痛みの原因も教えてもらえずこれで治るのかと不安になり、友人の紹介で当院に来院。

施術内容と経過

初回施術

検査

上半身 回旋左強

上半身 側屈右強

腹臥位 脚長差あり 右足短い

右下肢 外旋肢

SLR 右足(+)

 

 

腰椎右4番、5番の歪みが強く、SLRでの痛みが出ている

ことからヘルニアを疑う。

施術

AKA仙腸関節調整

仙骨、腰椎調整

腓骨・外果調整

大腰筋弛緩

 

 

施術後、上半身回旋の動きの変化あり。

2回目施術 初回から3日後

施術後の好転反応無し。

前回より歩きやすくなったと報告を受ける。

4回目施術 初回から2週間後

右下肢の痛み P.S10 ➡ P.S1

右下肢の痺れ P.S10 ➡ P.S2

 

 

立っていられないほどの痛みは無くなり、右足首外側に痺れあり。

8回目施術 初回から1ヶ月後

右下肢の痛みは改善。

痺れも右足首外側に少し感じるレベルまでに変化あり。

使用した手技 ポイントとなった部位

AKA仙腸関節調整

仙骨、腰椎調整

腓骨・外果調整

大腰筋弛緩

 

 

ヘルニアの疑いから、仙腸関節の調整、腰椎の調整を行ったことが早期改善に繋がった。

考察

右下肢の痛み・痺れが出た原因として姿勢の悪さからくる骨盤の歪みであった。

 

 

美容学生で授業は実技が多く、前屈みでの姿勢が続いていたことが、腰に負担を掛けていた。

 

立位で前かがみになる姿勢はまっすぐ立っている状態よりも1.5倍~2倍ぐらい腰への負担が大きくなります。

 

 

病院での診察でヘルニアとは診断されてはいなかったが、SLRの検査で反応があることから腰椎からくる痛み、痺れだと疑って施術をおこなう。

 

 

右の腰椎4番・5番が特に歪みが強く、直接押さえると痛みが強く出ている。

腰椎4番5番の歪みを調整していくことで痛みと痺れが早期改善することができた。

 

 

当院では独自の検査で症状を作っている原因を見つけ、施術していく事で症状改善に繋がっているのです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

あなたが通う最後の整骨院 からだリカバリーラボ

住所
〒577-0802
大阪府東大阪市小阪本町1丁目6−7
交通
近鉄奈良線 河内小阪駅より徒歩2分
TEL
06-4307-4978

定休日:日曜日・祝日・土曜日の午後

受付時間 日・祝
8:30〜12:00 ×
15:30〜19:30 × ×

LINE友だち追加

〒577-0802大阪府東大阪市小阪本町1丁目6−7

詳しい道順を見る