【症状改善例】 10年以上抱えていた殿部の痛みが取れて整体院巡りを終了できた例

施術例

30代 男性

来院

2017年 4月

症状

殿部痛

大腿外側の痺れ

 

 

10年以上前から殿部から両足にかけて痛みと痺れを感じており、辛い時は歩けない程の痛みが出ることもあった。

痛くなっては整骨院でマッサージや鍼治療を受けて、その時は少し痛みの軽減はする。

 

 

ただ痛みの軽減はするが、繰り返して痛みが出てきて完全に痛みが取れることはない。

 

 

何十件と治療院を変えては通ってみたり、自分で治そうと考えてストレッチをやってみたりはしていたが良くならず当院のホームページ見て来院。

施術内容と経過

初回施術

検査

上半身 左回旋強

左側屈強

 

左下肢外旋肢

 

下肢の外旋が強く出ているのと、殿部の筋肉の張りが強く出ていることから梨状筋が関係していると疑う。

施術

AKA仙腸関節調整

梨状筋弛緩

股関節外転外旋ストレッチ

 

施術後の上半身回旋の動きの変化あり。

2回目施術 初回から3日後

殿部の痛みは変化なし。

大腿外側のシビレはなし。

3回目施術 初回から1週間後

殿部の痛み P.S10 ➡ P.S10

痛みの変化はなし

4回目施術 初回から2週間後

大腿外側の痺れはなし

殿部の痛みの変化なし

 

殿部の痛みの変化が無いので施術ポイントを変更

大腿筋膜張筋、中殿筋弛緩

5回目施術 初回から3週間後

殿部の痛み P.S10 ➡ P.S5

7回目施術 初回から1ヶ月後

殿部の痛み P.S10 ➡ P.S2

痛みで運動する事を控えていたけど、痛みが無くなってきたのでジムに行ったりプールで泳いだりと運動出来るようになったと報告を受ける。

使用した手技 ポイントとなった部位

AKA仙腸関節調整

梨状筋弛緩

股関節外転外旋ストレッチ

大腿筋膜張筋弛緩

中殿筋弛緩

 

梨状筋が原因だと疑い施術をしていたが改善されず、大腿筋膜張筋にポイントを変えたことで痛みの改善に繋がった。

考察

4回施術しても殿部の痛みの変化が無かった為、施術ポイントを梨状筋から大腿筋膜張筋に変えることで痛みの改善に繋がった。

 

 

体の状態として骨盤が後傾、下肢は外旋肢になり大腿外側の筋肉の張りが強く出ていたため梨状筋に問題だと予想して施術していたが結果に繋がらなかった。

 

 

大腿筋膜張筋に狙いを変えることによって改善につながる。

大腿筋膜張筋部の血流の悪さが痛みやしびれを作っていたと考えられる。

 

 

骨盤の後傾に梨状筋が影響をしていると予想して後傾が改善したものの自覚症状の改善に至らなかった。

 

 

4回目までの間で施術方法の改善をしていると1回でも早期に改善が見込まれたかもしれないので、今後はもう少し視野を拡げてみることの重要性を感じた一例だった。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

あなたが通う最後の整骨院 からだリカバリーラボ

住所
〒577-0802
大阪府東大阪市小阪本町1丁目6−7
交通
近鉄奈良線 河内小阪駅より徒歩2分
TEL
06-4307-4978

定休日:日曜日・祝日・土曜日の午後

受付時間 日・祝
8:30〜12:00 ×
15:30〜19:30 × ×

LINE友だち追加

〒577-0802大阪府東大阪市小阪本町1丁目6−7

詳しい道順を見る