【症状改善例】 腰の痛みと足のだるさで夜も眠りにくかった 状態が整体で改善した例

施術例

50代 女性

来院

2017年5月

症状

慢性的に腰痛あり

朝起きる時、腰に激痛が走る。

⇒ ぎっくり腰になる

 

時間をかけて起き、そうっと動き始める

と痛みが少しずつ緩和する。

 

イスからの立ち上がりや車の乗り降り

動き始めに強い痛みが走ることで

日常生活に影響が出る

 

夜間、両足が異様にだるい。

シビレがあり気になってなかなか

熟睡出来ない

 

 

整形外科でレントゲンを撮るが骨には異常なし。

痛み止めとシップで様子をみても改善しないため

ホームページをみて来院に至る。

施術内容と経過

検査

FNS、SLR(‐)ヘルニアのテスト

脚長差あり

骨盤の歪み著明

後屈で痛み増強

回旋動作も痛みあり

初回施術

骨盤の調整

背骨調整 頚椎調整

大腰筋弛緩 腸骨筋弛緩

下腿調整 腰方形筋弛緩

 

施術後の回旋動作がよくなる。

2回目施術 初回の2日後

筋肉痛のような好転反応あり。

状態は、痛みはあるが少し動きやすいと

報告を受ける。

 

初回施術に

股関節調整 内蔵調整を追加

 

 

 

3~6回目施術は同様

7回目施術 初回より3週間後

検査や動きの中での痛みなし。

立ち上がりやしゃがみ込む動作の時には

無意識にそうっと動いている。

痛みが出そうな不安あり。

10回目施術 初回より1ヶ月半後

私生活にも問題なし。

立ち上がりやしゃがみ込む動作も

違和感なく動けている。

 

メンテナンスに移行

使用した手技とポイントとなった部位

AKA仙腸関節調整

背骨調整 頚椎調整

股関節調整 内蔵調整

大腰筋弛緩 腸骨筋弛緩

下腿調整 腰方形筋弛緩

考察

慢性的に腰痛を持ったまま仕事や家庭の

状況から自分の体を気にする余裕がなく、

痛みをこらえて生活していた。

 

激痛も幾度となく経験していたが、シップ

と痛み止めでなんとか乗り越えてきた。

 

今まではシップと痛み止めで効果を感じて

いたので治療院にいくということには至ら

ないようでした。

 

ぎっくり腰になってからも病院での診断は

骨に異常なしなのでシップと痛み止めで

いいのか不安でもあったようです。

 

また、足のだるさ、しびれは今までに経験

のない症状で痛み止めも効かない状態だった

ので、本当にこれでいいのかと輪をかけて

不安になっていた。

 

骨盤はゆがんだ状態で固まっていたので、

非常に関節や筋肉に負担のかかりやすい

骨格バランスであった。

 

 

 

筋肉も弛緩することで正しいバランスを

保てるようになり、内蔵の調整を加える

ことで、体液の循環改善にもつながった。

 

骨盤のゆがみから今までに感じたことのない

ぎっくり腰やしびれ下肢のだるさにもつなが

っていたようです。

 

 

痛みは体からのメッセージです。

痛み止めで一時的に痛みを押さえることは

出来ても、根本的に治ることはありません。

 

体の悪くなる段階としては

違和感⇒痛み⇒しびれ⇒麻痺となります。

 

薬は副作用がありますので内蔵にも負担が

かかっていますし、薬も効かなくなってきます。

 

人間にとって一番の薬は睡眠と考えています。

しっかりと睡眠をとって、朝起きるとスッキリ

している。

 

誰もがいくつになっても持っている回復力、

自然治癒力を高めていくことが大事になります。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

あなたが通う最後の整骨院 からだリカバリーラボ

住所
〒577-0802
大阪府東大阪市小阪本町1丁目6−7
交通
近鉄奈良線 河内小阪駅より徒歩2分
TEL
06-4307-4978

定休日:日曜日・祝日・土曜日の午後

受付時間 日・祝
8:30〜12:00 ×
15:30〜19:30 × ×

LINE友だち追加

〒577-0802大阪府東大阪市小阪本町1丁目6−7

詳しい道順を見る