こんな簡単な体操で腰痛が緩和できます。

大腰筋を緩める体操で

腰痛緩和ができるんです

 

詳しくは記事後半で↓

脊柱管狭窄症の方が改善

脊柱管狭窄症で坐骨神経痛を患い10歩程しか

歩けなかった状態から改善しました。

 

脊柱管狭窄症で坐骨神経痛の患者様のインタビュー
施術はもちろんの事、簡単な体操をしてもらいました。

なぜなら、施術をするものの一日の中で施術時間は

ほんの一部なので自分でケアできる時間はできるだけ

施術の効果を上げてもらうようにしています。

 

簡単な体操とは 大腰筋をゆるめる体操です。

大腰筋とは背骨の腰椎に当たる部分から骨盤を介して

大腿骨の小転子という部分に付着しています。

 

脊柱管狭窄症は背骨の中にある脊髄神経を通している

管になった部分が詰まってしまうことである。

なぜつまってしまうかは原因不明である。

加齢によるものが原因であると言われている。

 

 

ともかく、脊柱管が詰まってしまう現象である。

 

 

症状として腰の痛みはそれほど強くないが

歩行していると下肢(下半身)にしびれが強くなり

痛みも少し感じるようになり歩行を続けられなく

なるという現象が起こる。

 

 

時間にして5分程休憩しているとまた

歩けるようになるんです。

 

 

 

脊柱管狭窄症でも坐骨神経痛でも仙腸関節の動きをよく

することと自分での簡単な大腰筋をゆるめる体操を

組み合わせる事で改善の近道となったのです。

 

 

痛みはなぜ大腰筋をゆるめることや仙腸関節をゆるめる

事で改善したのか?

 

 

 

骨盤の傾きが正常化したからです。

骨盤が歪んでいたために脊柱管狭窄症の症状や

坐骨神経が圧迫を受けて特に歩くと痛みが強くなったのです。

 

 

骨盤の傾きが根本的に変わることで

改善したのです。

大腰筋をゆるめる体操です。

① 仰向けに寝ます

② 膝を立てます

③へそのところから約2㌢外側に手を当てます。

指は乗せておくだけでOKです。

ぎゅっと力を入れる必要はありません。

④ 立てた膝を左右に揺らします。

大きく揺らす必要はありません。

揺らす事を30回するだけ

 

夜、寝る前、朝起きる前

後は時間があれば一日何回してもOKです。

やりすぎて痛くなることはありません。

もし、揺らして痛い時は中止してください。

 

 

それでもなかなか腰痛が取れない時は

専門家の施術を受けられる事をオススメします。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

あなたが通う最後の整骨院 からだリカバリーラボ

住所
〒577-0802
大阪府東大阪市小阪本町1丁目6−7
交通
近鉄奈良線 河内小阪駅より徒歩2分
TEL
06-4307-4978

定休日:日曜日・祝日・土曜日の午後

受付時間 日・祝
8:30〜12:00 ×
15:30〜19:30 × ×

LINE友だち追加

〒577-0802大阪府東大阪市小阪本町1丁目6−7

詳しい道順を見る