なぜ?腰痛なのに原因不明と診断されることが多い?

腰痛の85パーセントは原因不明の非特異的腰痛

腰痛に悩まされている方は多く、日本では腰痛患者は約3000万人にも達するとされています。

特に、40代から60代の中高年層は腰痛の発症率が高く、約4割が腰痛持ちとされています。

 

これほど腰痛で悩まされている方が多いのは、ほとんどの腰痛を病院で解決できていないことが原因の一つとして挙げられます。

腰痛の内、85パーセントは原因を特定することができない非特異的腰痛と診断されるので、医師にも効果的な治療法というものが分からないのです。

原因不明の腰痛が多い理由

腰痛で病院に足を運んだものの、医師から異常なしと診断されることは少なくありません。

患者としては実際に腰の痛みが生じているのだから異常がないはずがないだろうと考えるものですが、患者と医師の病気に対する異常の認識には大きな隔たりがあります。

 

医師の言うところの異常なしというものは、病気や怪我が存在しないという意味ではありません。

レントゲン撮影などの検査で骨や関節などに異常が見られない、という状態のことです。

そして、腰痛においてはしばしばこの状態が見られます。

骨が折れていれば骨折、椎間板が飛び出ていれば椎間板ヘルニアと診断することができますが、腰痛でこうしたはっきりとした異常が確認できるのはむしろ珍しい例となります。

異常なしと診断される腰痛の原因

腰に無理な負荷がかかった時、関節の周囲にある靭帯が炎症や内出血を起こして腰痛が生じることがあります。

この場合、骨が折れているわけでも、靭帯が切れているわけでもないので、レントゲンで異常を発見することはできません。

医師は患者との問診を経ておおよその原因を推察することはできるものの、異常を確認することはできないので、結果的にこの腰痛は非特異的腰痛と診断されることになります。

非特異的腰痛によく見られるものがこうした炎症や内出血による腰痛、すなわち腰の捻挫です。

しかし、腰の捻挫ならばしばらくすれば体の免疫機能が働いて回復していきます。

 

非特異的腰痛には数か月以上、数年以上に渡って痛みが続くものが少なくありません。

慢性的な非特異的腰痛の原因はさまざまであり、内科的な病気が関わっていることもありますが、その多くは体の歪みによって引き起こされます。

 

人間は神経が刺激を受けると痛みを感じます。

そして、神経というものはリラックス状態であれば痛みを感じませんが、緊張状態になると痛みを感じやすくなります。

体が歪むとそれによって背骨が歪むので、背骨から伸びている神経が引っ張られることになります。

そして、緊張状態にある神経はちょっとした身体的ストレスや精神的ストレスで痛みを感じるようになります。

これが体の歪みが慢性的な非特異的腰痛を引き起こすメカニズムです。西洋医学の観点では体の歪みというものは病気でも怪我でもないので、異常とは診断されません。

当院では西洋医学、東洋医学のいい部分を取り入れ痛くない整体をしています。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

あなたが通う最後の整骨院 からだリカバリーラボ

住所
〒577-0802
大阪府東大阪市小阪本町1丁目6−7
交通
近鉄奈良線 河内小阪駅より徒歩2分
TEL
06-4307-4978

定休日:日曜日・祝日・土曜日の午後

受付時間 日・祝
8:30〜12:00 ×
15:30〜19:30 × ×

LINE友だち追加

〒577-0802大阪府東大阪市小阪本町1丁目6−7

詳しい道順を見る