【施術改善例】 高校生の時になった腰椎すべり症も大腰筋をゆるめることで寝返り・寝起きがスッキリした例

施術例

女性 20代 会社員

 

来院

2016年10月

症状

腰椎すべり症

 

高校生の時にソフトボール部に所属

2年生の頃、腰の痛みを訴える

 

整形外科の診断結果は「腰椎すべり症」

しかし、部活を休めないために治療はほとんど受けることができなかった。

 

毎日シップをしていたが気休め程度

動けなくなるぐらい腰が痛いときはブロック注射を受ける

 

社会人になって腰は良くなるだろうと思っていたが腰痛は改善されず、ソフトボール時代に比べると普段の痛みは耐えられるほどにはなっていた。

 

しかし、寝返り、寝起きの時に腰が痛くて不安で仕方がなかった。

「このまま、腰が悪いと将来妊娠や出産の時に大変になるのでは・・・」

 

今の痛みも取りたいが将来の不安を感じて来院に至った。

施術内容と経過

初回施術

検査

上半身 左ねじれ

下半身 左ねじれ

右短下肢 約1.0㌢

 

反り腰

腰椎3番にすべりを触知

脊柱起立筋 大腰筋 硬結あり

 

後屈(腰を反らす)で痛み増強

施術

骨盤調整

脊柱起立筋弛緩

殿部弛緩

大腰筋弛緩

 

 

 

施術後

 

反らす時に痛みが軽減

2回目施術 5日後

好転反応なし

 

寝返りは気にならなくなったが朝起きる時の痛みは同じ

 

施術は同じ

 

大腰筋の弛緩に時間をかける

3回目施術  2回目から4日後

朝起きる時の痛みも軽減したと報告を受ける

 

今までは朝起きる時、腰が痛くて少しの間前かがみにならないといてられないぐらいツラくて、30分~1時間ぐらいしてから段々と痛みが治まってくるようになっていたようです。

 

 

施術は同じ

 

ペインスケール

10⇒ 5

6回目施術  3週間後

ペインスケール

10⇒ 2

 

朝起きる時の痛みがほぼ感じないようになった

 

 

メンテナンスへ移行

10回目施術

仕事で荷物をたくさん運ぶことがあったので、その後から痛みが再発

腰のツラさがぶり返した感じになった

12回目施術

回復した時のように腰痛が解消

同時に施術した症状

首こり

使用した手技 もしくはポイントとなる部位

骨盤調整

脊柱起立筋弛緩

殿部弛緩

大腰筋弛緩

考察

すべり症は腰椎が前にズレることによって発生する症状です。

このことで腰回りの筋肉に大きな負担がかかります。

 

(背骨)柱自体が歪むために支えている筋肉に負荷がかかるのです。

この状態のままだと夜に寝ていても腰の筋肉がゆるまないので寝返りや起床時の痛みを感じやすいのです。

 

腰痛なので腰の部分だけの筋肉が悪いのではなく、お腹側にある大腰筋が関与しています。

大腰筋をゆるめることで腰椎の負担が少なくなり、腰痛の改善になった例です。

 

ただし、腰椎自体のすべった部分は完全に良くなった訳ではないので重たい荷物や悪い姿勢を強いられると腰痛を再発、新たに作ってしまうことになりかねないので普段の使い方に十分配慮しないといけないのもすべり症の特徴です。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

あなたが通う最後の整骨院 からだリカバリーラボ

住所
〒577-0802
大阪府東大阪市小阪本町1丁目6−7
交通
近鉄奈良線 河内小阪駅より徒歩2分
TEL
06-4307-4978

定休日:日曜日・祝日・土曜日の午後

受付時間 日・祝
8:30〜12:00 ×
15:30〜19:30 × ×

LINE友だち追加

〒577-0802大阪府東大阪市小阪本町1丁目6−7

詳しい道順を見る