腰痛の症状に見る原因の病気

腰痛の症状はさまざま

腰痛は腰に痛みを感じる症状の総称のことです。

腰痛と一言に言っても、症状のあらわれ方は千差万別であり、原因も変わってきます。

腰痛の症状により、原因を特定できることもあります。

腰部椎間板ヘルニア

椎間板ヘルニアとは、脊柱の骨の間にあってクッションとしての役割を果たしている椎間板が椎間腔から飛び出てしまう病気のことです。

椎間板ヘルニアの内、特に腰椎椎間板ヘルニアでは腰痛の症状がよく見られます。腰痛にあわせて、下半身の痛み、痺れ、筋力低下、排泄障害などの症状が発生している場合、腰椎椎間板ヘルニアの可能性が高いです。

変形性腰痛症

変形性腰椎症は脊椎を構成する腰椎がなんらかの原因によって変形してしまい、それによって腰痛などの痛みが引き起こされる病気のことです。

主に、変形性腰椎症は椎間板、関節、靭帯などが加齢によって衰えることによって発生します。

腰痛にあわせて、臀部の痛みや大腿後面の痛みがあったり、腰や膝が曲がってしまったりするような場合は変形性腰椎症の可能性が高いです。

脊椎分離症・すべり症

腰椎の椎間板の前方を椎体、後方の椎間関節がついている部分を椎弓といい、椎体と椎弓が離れて骨の連続性が絶たれてしまう病気のことを分離症といいます。

また、分離症の内、椎体が前方にずれている状態のものを分離すべり症、またはすべり症といいます。

分離症は遺伝による先天的なものと、スポーツなどによって繰り返し負荷がかかったことによる後天的なものの2種類があるとされています。

また、長時間立ち仕事をしている方などは注意が必要です。腰痛にあわせて、体を反らせると痛みがある場合、分離症やすべり症の可能性があります

腰部脊柱管狭窄症

背骨は椎骨の積み重ねによってできており、椎骨には椎体と椎弓があり、その間には椎孔と呼ばれる空間があります。この椎孔が積み重なってできるものが脊柱管です。

脊柱管の中には全身に伸びている神経や血管が通っており、脊柱管にはそれらを守る役割があります。

しかし、椎間板や椎骨の変形などが原因で脊柱管が狭くなってしまい、痛みを生じることがあります。

これが脊椎間狭窄症です。脊柱管狭窄症の内、特に腰部脊柱管狭窄症では腰痛の症状がよく見られます。

腰痛の症状があるものの、前かがみになると腰から痛みが消えるというような場合は腰部脊柱管狭窄症の可能性があります。

腰の痛みの他に症状がある場合

腰痛は外科的な病気の他、内科的な病気によって引き起こされることもあります。

腰痛で病院に向かって検査を受けたところ、がんが見つかったという方もいます。

腰痛が重大な病気の症状の一つとして現れることもあるので、腰痛にあわせてなんらかの別の症状が出ているような場合はすぐに病院で診察を受けた方がいいでしょう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

あなたが通う最後の整骨院 からだリカバリーラボ

住所
〒577-0802
大阪府東大阪市小阪本町1丁目6−7
交通
近鉄奈良線 河内小阪駅より徒歩2分
TEL
06-4307-4978

定休日:日曜日・祝日・土曜日の午後

受付時間 日・祝
8:30〜12:00 ×
15:30〜19:30 × ×

LINE友だち追加

〒577-0802大阪府東大阪市小阪本町1丁目6−7

詳しい道順を見る