【強く握ることのできない右腕の痛みと しびれが整体によって改善した例】

施術例

50代 男性

来院

2017年 2月

症状

3~4年前から時折、右手にしびれる感覚があった。

徐々にシビレの頻度と強さが増していった。

 

昨年末、夫婦で買い物にでかけたときの出来事。

重たい買い物袋を右手でグッと持ち上げようとした。

しかし力が入りづらく右腕に痛みが走り、左手に持ち替えることがあった。

 

今までには無いことで、痛みやシビレは我慢できたが「このままだと握ることができなくなるのでは」と心配になり来院に至る。

施術内容と経過

初回施術

AKA仙腸関節調整 背骨調整

頚椎調整     鎖骨調整

僧帽筋弛緩    上腕二頭筋弛緩

上腕三頭筋弛緩 前腕伸筋屈筋弛緩

胸鎖乳突筋弛緩  斜角筋弛緩

大小胸筋弛緩   大腰筋弛緩

2回目施術

「前回に比べると手は握ると痛いが握りやすい」

と報告を受ける

6回目施術

「痛みはあるが力を入れて手を握れるようになっている」と報告を受ける。

10回目施術

P.S10⇒P.S3

日常生活に支障なし

買い物袋を持っても問題なし

考察

運送業で運転時間が長く、頭を突き出すような姿勢がクセになっていた。筋肉の疲労や神経の通り道が狭くなる状態により、痛みからシビレ、力が入りづらい状態になった。

 

骨格のゆがみを調整し、筋肉の疲労を取り除くことで血流がよくなる。結果、神経の通り道も確保され、早期改善につながった。

 

体の不調になるには段階があります。

はじめはコリや違和感を生じ、痛みに変わり、それがシビレ、感覚麻痺となっていきます。

 

「我慢出来ないわけではないからと」ほったらかしにしておくと

どんどん進行していってしまいます。

 

コリや違和感、痛みシビレは体からのサインです。初期症状での治療が早期改善につながりますので、一度ご相談下さい。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

あなたが通う最後の整骨院 からだリカバリーラボ

住所
〒577-0802
大阪府東大阪市小阪本町1丁目6−7
交通
近鉄奈良線 河内小阪駅より徒歩2分
TEL
06-4307-4978

定休日:日曜日・祝日・土曜日の午後

受付時間 日・祝
8:30〜12:00 ×
15:30〜19:30 × ×

LINE友だち追加

〒577-0802大阪府東大阪市小阪本町1丁目6−7

詳しい道順を見る