【施術改善例】リリカを飲んでなんとかしのいでいた腰椎椎間板ヘルニアが解消して歩けるようになった例

施術例

女性 70代

来院

2016年10月

症状

左殿部の痛み 左ふくらはぎの痛み・しびれ

腰椎椎間板ヘルニア 坐骨神経痛

 

3ヶ月前になんばへ出かけていた時に左のお尻に違和感が出るようになった。電車で帰宅途中、座っていても左のお尻が痛い、少しふくらはぎにしびれを感じる。普段、履かない靴を履いて出たので疲れが出たのだろうと思いほったらかしにしていた。

 

3日後、朝起きると左のお尻が痛い。

近くの整形外科に受診 レントゲンだけでは確実にわからないということで後日MRIを受けるようにと指示された。

 

3日後MRIで診断を受ける。腰椎3-4-5番椎間板ヘルニア

リハビリと飲み薬リリカを処方された。

 

毎朝3食後にリリカを飲む。朝、薬が効くまでの間がとても痛い。

歩くとお尻に響き、ふくらはぎがしびれる。

 

薬が効いてくると患っている事が嘘のように消えてきて普通に動ける

 

このまま、薬を飲み続けなければならないのかと不安になり来院に至る。

施術内容と経過

初回施術

検査

骨盤調整

背骨調整

股関節調整

 

施術後

 

薬のために変化がわからない

2回目施術 7日後

好転反応なし

 

症状は変わらず

来院時は薬が効いているのでわからない

起床からの薬が効くまでは痛いらしい

 

2回目施術も同じ

5回目施術  初回から1ヶ月後

少し良くなったかもと報告を受ける

 

ペインスケール

10⇒ 8

8回目施術  2ヶ月後

ペインスケール

10⇒ 6

 

薬は続けている

10回目 2ヶ月半後

特に何もしていないが症状が悪化

薬を飲んでも痛みは全く引かず、歩行困難な状態へとなる

 

11回目も同じ

12回目 3ヶ月後

症状が好転

一気に良くなる

 

ペインスケール

10⇒ 3

 

続けての来院が難しいので施術終了

使用した手技 もしくはポイントとなる部位

骨盤調整

背骨調整

股関節調整

考察

近隣からではなく、遠方からだったので繰り返し来院することは難しかった。

また、10回目施術時に痛みが増したときにはこの症状はよくなるのかどうかという不安は患者さん施術者ともに抱いた不安点である。

 

ヘルニアの部分からの神経障害が起こり典型的なヘルニアからの坐骨神経痛であった。

施術としては根本となる背骨の調整、殿部の調整をすると改善すると見込んでいたがすぐに結果が出なかった。

 

一つの理由としては年齢的なもので殿部の梨状筋などの働きが悪くなってきていたのかもしれない。

骨格の歪みだけでなく筋肉そのもの自体が力不足になったことによって症状がすぐに取れなかったり、一時悪化に繋がったのかもしれないです。

 

今後は症状だけでみるのではなく、年齢的な考慮も必要だと感じた一例であった。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

あなたが通う最後の整骨院 からだリカバリーラボ

住所
〒577-0802
大阪府東大阪市小阪本町1丁目6−7
交通
近鉄奈良線 河内小阪駅より徒歩2分
TEL
06-4307-4978

定休日:日曜日・祝日・土曜日の午後

受付時間 日・祝
8:30〜12:00 ×
15:30〜19:30 × ×

LINE友だち追加

〒577-0802大阪府東大阪市小阪本町1丁目6−7

詳しい道順を見る