肩甲骨付近におこる背中のしびれになる3つの原因

  • 肩が凝っているような肩甲骨辺りが痛くてなんとなくシビれる
  • 背中(肩甲骨)辺りから腕にかけてシビれる
  • 首から手にかけてシビレて痛い

発生したきっかけがなく気づいたらシビ

れるって事を訴えられるケースがあります。

 

 

肩甲骨付近(背中)のしびれる原因を探っていきます。

原因は3つ考えられます。

  1. 頚椎のゆがみからくるもの
  2. 胸椎のゆがみからくるもの
  3. 角筋・小胸筋の締め付けによるもの 

※3つの原因は組み合わさって出ることはよくあります。

① 頚椎のゆがみからくるもの

頚椎椎間板ヘルニア・頚椎症などの症状名があります。

頚椎の歪みによって神経が圧迫をされて

神経の走行(いくところ)に沿って痛みやシビレが

ともなう事です

 

 

頚椎から神経が直接腕にかけていく部分が圧迫を受けて

いたとしてもその神経領域(神経が関与している部分)

だけが問題になっているのではなくその近く部分も

影響をうけたりすることがあるのです。

 

そのために肩甲骨の部分にもしびれが起きるということです。

② 胸椎のゆがみによるもの

胸椎から神経がでているのは肩甲骨に走行しています。

 

胸椎の1,2、3番にゆがみが起こると神経が

圧迫をうけてシビレを感じるようになります。

 

 

肩甲骨の部分だけがしびれるのではなくて

上腕部へのシビレや放散痛(痛み)も感じるようになります。

 

 

また、ケースによっては手の薬指や小指に向けて

しびれが走ることがありますので胸椎部のゆがみ

によって肩甲骨→上腕部→手の薬指、小指に

向けてシビレが発生します。

③ 斜角筋・小胸筋によるもの

斜角筋:頚椎から第一肋骨・第二肋骨につながっている

 

小胸筋:肋骨から肩甲骨につながっている

 

斜角筋や小胸筋の影響によって神経が圧迫を受けます

 

 

小胸筋や斜角筋の影響を出す原因としては

  • ①頚椎 ②胸椎 のゆがみです。

 

斜角筋だけが 小胸筋だけが単独で筋肉の

伸び縮みがしにくくなるよりは頚椎や胸椎

そして、鎖骨や肋骨などの全体の影響をうけて

いるのです。

 

 

斜角筋・小胸筋の他に大胸筋・鎖骨下筋なども影響を

作り肩甲骨(背中)にシビレを出すのです。

 

 

これらの筋肉による肩甲骨のシビレからも腕にかけて

しびれが出ることが多くあります。

 

 

頚椎のゆがみ 胸椎のゆがみ 斜角筋・小胸筋の筋肉

の緊張を取り除くと肩甲骨に起こるシビレは解消されます。

まとめ

肩甲骨に起こるしびれは肩甲骨に問題はないということです。

 

 

頚椎・胸椎の神経が出てくる部分に問題があることと

神経が出てきたすぐに部分にある斜角筋や小胸筋に問題なのです。

 

 

例えば、正座をして下腿(ふくらはぎ)がしびれることってありますよね

ふくらはぎをさすりたくなったりしませんか?

 

 

しかし、原因は膝の部分で神経と血管を圧迫しているんです。

原因をどこか特定するとしびれも解消するのです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

あなたが通う最後の整骨院 からだリカバリーラボ

住所
〒577-0802
大阪府東大阪市小阪本町1丁目6−7
交通
近鉄奈良線 河内小阪駅より徒歩2分
TEL
06-4307-4978

定休日:日曜日・祝日・土曜日の午後

受付時間 日・祝
8:30〜12:00 ×
15:30〜19:30 × ×

LINE友だち追加

〒577-0802大阪府東大阪市小阪本町1丁目6−7

詳しい道順を見る